話をしよう。
歯列矯正

【体験談】歯の矯正がもうすぐ終わるので流れを振り返る。費用や期間も紹介

こんにちは!さわ子です。

私は2017年から歯の矯正をしていたのですが、先日、無事に矯正装置(ブラケット)が外れました!めでたい!

そこで今回は、自分が受けた歯列矯正治療の流れを紹介しようと思います。

  • 歯の矯正をしてみたい
  • 歯の矯正って、どんな風にやるんだろう?
  • 矯正には痛みはあるのかな?
  • 費用はどれくらいかかるんだろう?

と思っている方の参考になれば嬉しいです。

私が歯の矯正をはじめたきっかけ

私は、前歯や奥歯がまっすぐ生えていないのがコンプレックスでした。

笑うと目立ってしまい、写真映りがずっと気になっていました。
歯がズレているので噛み合わせも悪く、口の中を噛んで傷つけることもありました。

そんなある日、友人が歯列矯正をはじめた、と聞きまして。

さわ子
さわ子

「お金がかかる…」
「抜歯になったらやだなぁ…」

という悩みはあったんですが、「このタイミング逃したら、自分は絶対やらないだろう」と思い、思い切ってチャレンジすることにしました。

私が経験した歯列矯正治療の流れ


私がやったのは、ブラケット矯正です。

歯の矯正と聞くとまっさきにイメージされる、あの一番ポピュラーなやつです。

ここからは実際、どんな風に歯列矯正を進めていったのか、その流れを書きますね。

矯正歯科選び

まずは、歯医者選びです。

私は、ネットで家や職場から近い病院を検索しました。

病院を見つけたら、無料カウンセリングを受けに行きました。

最終的に、全部で4件の歯科医院を見て回りましたね。
当時はまだ勤め人だったので、仕事帰りや休みの日を使いました。

ちなみに、今の矯正歯科に決めた理由は

  • 通いやすい
  • 患者が多い(来院人数と電話の数で判断)
  • 院内が明るくて清潔
  • 先生が穏やかでにこやか
  • スタッフの女の子たちが明るく、雰囲気がいい

の5つです。

とくに、「通いやすい」は重要ポイントでしたね。

矯正装置をつけたら、1ヶ月に1回の通院をしなければなりません。

「通いやすい歯医者」を選ぶ必要があるのは、このためです。

診察

先生に歯並びを見てもらい、レントゲンを撮ったり、デジカメで写真を撮ったりもしました。

歯の矯正にはいくつか方法があるのですが、どのプランにするかを決めるのも、このタイミングだったような。

親知らずの抜歯

歯医者さん
歯医者さん
親知らずは抜かないとなりませんね
さわ子
さわ子
ゲッ

「なんとか抜歯をせずにすみますように…」という私の祈りは届きませんでした。

矯正歯科では抜けないので紹介状を書いてもらい、大病院に行って親知らずを抜きました。
これは、自分が受けた生まれて初めての手術ですね。

大病院には一度行けばいい、というわけではなく、何度か通院する必要がありました。
親知らずも、複数回に分けて抜歯しました。

やっぱり、抜歯のときが一番キツかったですね。

痛み止めの薬はもらうんですけど、それでも、体の一部を切ってるわけですから。

腫れるわ、口の中に血のかたまりができるわ、食べ物は噛めないわで、ウィダーインゼリーをずっと飲んでました。

さわ子
さわ子
傷口がふさがるまでの辛抱ッ…!

抜糸ができたら、いよいよ矯正に入ります。
なんだかんだで、ここまで数ヶ月かかってます。

マウスピースで矯正(約半年)


私の場合、まずマウスピースをつけて、ある程度歯を動かすことになりました。

透明のマウスピースを作り、食事のとき以外は、ずっとつけ続けます。

マウスピースはだんだん汚れてくるので、手入れが大変でした。

矯正器具(メタルブラケット)の設置(約2年)


マウスピースが終わったら、次はいよいよ本命、ブラケットの装着です。

先生の指示にしたがって、自分でゴムをかけることもありました。

口の中に金具があるので、最初は口内炎ができることもありましたね。徐々に慣れますが。

やっかいなのは、歯みがきです。

この矯正装置に、食べ物が挟まる挟まる。

虫歯にならないためにも、歯みがきは、かなり丁寧にやる必要がありました。

毎日、マウスウォッシュで口内洗浄もしました。
使っていたのは、ジョンソン・エンド・ジョンソンのリステリン®トータルケア プラスです。

おかげで、無事に虫歯ゼロでここまで来ました!
リステリンは本当におすすめです。

ちなみに、ブラケットをつけると、「ガム・キャラメル・お餅の禁止令」が出ます。
餅が好きな私にはつらかった…!

リテーナーの設置


リテーナーとは、「後戻り防止の装置」です。見た目は普通にマウスピースです。

ブラケットで矯正した‪歯並びは、放置しておくと元に戻ってしまうので、しっかりと固定するために使います。

これも、食事時以外はつけ続けます。

自分は今、このリテーナーをつけている段階ですね。

矯正が完全に終わるにはもうしばらくかかりますが、リテーナーを外せる日が、今から楽しみです。

大人の歯列矯正にかかる費用は方法によって変わる

矯正方法などで変わりますが、私の場合はもろもろ含めて90万円くらいです。

ネットで調べると、成人の場合は50万〜150万円と、かなり幅があるようですね。

いずれにせよ、お金はかなりかかります。
病院は何件か行ってみて、見積もり合わせをするのがおすすめです。

ちなみに支払い方法ですが、私はクレジットカードで分割払いをしていました。

歯列矯正は健康保険の適用外。ただし例外あり

基本的に、歯並びを直すのに健康保険は使えません。

ただし、厚労省が認める疾患の場合は、保険が適用されます。
疾患は、日本矯正歯科学会のサイトにわかりやすく載っています。

歯の矯正治療は医療費控除が適用される。確定申告しよう

治療目的の矯正治療であれば、医療費控除が受けられます。

簡単にいえば、「1年間で10万円以上の医療費を払った人は、税金を軽くしますよ」ということです。

控除を受けるには確定申告をしますので、領収書は必ず取っておく必要があります。

お医者さんに頼めば診断書も書いてもらえますので、歯科医院に聞いてみてください。

おわりに

2017年に始めたときは「先が長いな…」と思ったものですが、過ぎてみるとあっという間でした。

途中では、やっぱり痛みや不快感はありました。特に抜歯はつらかった。

でも、もしあなたが歯列矯正をやろうか悩んでいるなら、「やったほうがいい」と自信を持っておすすめできます。

鏡でキレイな歯並びを見た、あの瞬間。

しんどかった記憶は、全部吹っ飛んじゃいましたから。


思えば、このプロフィール写真はブラケットがついた状態のやつなんですよね…。
そろそろ、新しいのを撮影しないといけないかもです。

今回も、最後までお読みいただいて感謝です。ありがとうございました!

それでは!