話をしよう。
ライティング

【ライティングのヒント】文字数がオーバーしたときの対処法【経験者談】

こんにちは!さわ子です。
いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます!

今回は、webライティングのお悩みあるあるコーナーです。

webライターさん
webライターさん
ライティングしたら、指定の文字数をオーバーしてしまった!どうしよう?

こんな問題を解決します。

文字数をオーバーしたらどうすべきか。答えは2つ

結論からいうと、
「納期ギリギリなら納品+クライアントに相談」
「納期に余裕があるなら直す」
です。

納期が迫っていてギリギリの場合は、まずは初稿の納品を最優先してください。

納期>>>>>>>(超えられない壁)>>文字数超過

です。
ここテストに出ます。

なお、納品する際は、メッセージに

◯◯字ほど文字数をオーバーしてしまいました。
問題があれば修正いたしますので、お申し付けください。

と付け加えて送るのがおすすめです。

もちろん、納期まで余裕があるのであれば、できるだけ修正してから納品しましょう。

修正目安の文字数オーバーはどれくらい?


こちらでは、私の経験則を書きますね。

〜500字程度オーバー:ひとまず提出してみよう

たとえば、3000字の記事で3500字書いてしまった場合です。
これくらいなら、とりあえず納品しちゃってOKです。

実際のところ、「文字数が少ないのは問題だが、少し多いぶんには構わない」というクライアントは多いです。

理由としては、以下が考えられます。

①WEBサイトには、雑誌や新聞のような「紙の面積」という問題がない。
②SEO対策的に、文字数は多いほうが順位が上がりやすいとされている。

※ただし、②は「内容が充実している」ことが重要であって、文字数が多けりゃなんでもいいわけじゃない点に注意。

500字程度のオーバーであれば、問題ないケースがほとんどです。
問題があれば指摘してもらえるはずなので、クライアントのチェックを待ちましょう。

800〜1000字オーバー:推敲&クライアントに相談しよう

たとえば、2000字の記事で3000字書いてしまった場合です。

できれば文章量を減らして、キレイにおさめたいところ。
推敲して、削れる部分を見つけましょう。

納期が迫っているなら、ひとまず納品してもいいです。

ただ、体感としては少し多いので、クライアント宛てのメッセージには
「文字数をオーバーしてしまったので、問題があれば対応する」
旨を書いておきましょう。

1500字以上オーバー:推敲して文章を削ろう

たとえば、3000字の記事で5000字書いてしまった場合です。

ここまできたら、推敲で削れるところを削りましょう。
削り方については、次項で解説します。

文字数を減らすなら「かたまりで削除」がおすすめ

大きなかたまりを削除すると、一度に数百字単位で文字数を減らせます。

初心者がやりがちなのが、文中の語尾を変えるなど、細かい部分の修正。
しかし、細かいところをチョコチョコ直しても、大幅な文字数減にはなりません。

私は、「大きなかたまり」として

  • 項目
  • 具体例

が削れないかを検討します。

項目を削る

一番大きく文字量を減らすには、項目を丸々削ってしまうのが早いです。

つまり「見出し+本文」です。
「話題」「素材」とも言い換えてもいいですね。

読者や記事のテーマを見直して、優先度が低い項目をザックリ削ります。

もったいないんですけど、文字数を減らすには、これが一番効果的です。
思い切りましょう。

具体例を削る

ライティングの場合、具体例を書いていることが多いはずです。
たとえば、
・メリット
・デメリット
・お店の紹介
・お客様の体験談(Aさんの場合、Bさんの場合etc)

など。
これら具体例を減らします。
「メリット10個→メリット5個」にするイメージです。

文字量を減らすには、大きなかたまりを削除する。

ぜひやってみてください。

念のため、修正前の原稿はコピーを残しておくといい


私はいつも、最初のオリジナル原稿は残しておきます。

具体例を削って納品したあとで、「文字数はオーバーしていいから、もっと具体例を増やしてほしい」なんて言われる可能性もゼロではないですから…。

まぁ、今までそんなこと起きたことないですけどね。慎重を期すに越したことはないです。

私はクライアントからOKが出るまでは一応取っておき、完了した時点で削除しています。

まとめ:多少の文字数オーバーはOK!あとはクライアントに相談しよう

文字数オーバーで悩んで納期がギリギリになるくらいなら、一度納品してしまい、クライアントに見てもらうことをおすすめします。

「これでいい」とOKが出ることもあれば、「この部分はいらない」と指示をもらえることもあります。
いずれにせよ、一人で悩み続けるよりも、スムーズに事が進みますよ。

今回も貴重なお時間の中でお読みくださり、本当にありがとうございました!

それでは!