話をしよう。
商品レビュー

【おすすめ】ニベア サン ウォータージェルSPF50は日焼け止め嫌いでも使いやすい

こんにちは!さわ子です。
今回は、

日焼け止めを探している人
日焼け止めを探している人
日焼け止めは嫌いだけど、日焼けが気になるから買うつもり。でも、どれがいいのかわからない。

という方向けに、私が今使っている日焼け止めを紹介します。

それが花王の「ニベアサン ウォータージェル SPF50」

私も日焼け止めつけるの好きじゃないんですけど、これは使いやすいので、毎日ちゃんと塗れてます。

使う中で感じたメリットや実際の効果、気をつけるポイントなどを紹介しますね。

ニベアサン ウォータージェルを使って実感したメリット6つ

実際に使ってみて感じたメリットは、以下の6つです。

・つけ心地が軽くてベタつきがない
・白くならない
・無香料
・値段が安い
・普段の洗顔料で落とせる
・SPF28やSPF35もあり

それぞれについて、具体的に書きます。

つけ心地が軽くてベタつきがない


ニベアサン ウォータージェルは、「水つけた?」ってレベルでサラッと塗れます!
塗ったあとも、肌はサラサラ。変にベタベタする感じがないのも良いです。

前に試した日焼け止めは、塗ったあとどうも違和感というか、肌がつっぱる感じがありました。
今はそれがないので、私でも気軽に使えます。

白くならない

ニベアサン ウォータージェルは白浮きしません。
また、ヘンに肌の色が白っぽくなる、ということもない
ですね。

「日焼け止め=肌につけると白く浮く」というイメージがありました。
多分これも、前に使ったものがそうだったから。

色的な違和感がないのは、見た目にもいい感じです。

無香料なので匂わない

私、匂いが強いものが苦手なんですよ。そういう商品って多いですけどね…。

その点、ニベアサン ウォータージェルは無香料なので、気になる匂いもなし!

「匂いが苦手」という方におすすめ
です。

値段が安い

ニベアサン ウォータージェルは、1000円以下で買える日焼け止めです。
目安としては、SPF50で

  • ボトルタイプ 約600〜700円
  • ポンプタイプ 約800〜900円

くらいですね。SPFの数値などでまた変わります。

ポンプタイプは詰め替え用もあります。


高級な日焼け止めだと、数千円するものもありますよね。
効果も高いのかもしれませんが、個人的には、ちょっと手を伸ばしづらいです…。
値段が高いと、毎日バンバン使うのもためらわれるし…。

そのあたり、この日焼け止めは価格面の心理的ハードルが低くていいです。

普段の洗顔料で落とせる

専用のクレンジング剤を使わなくていい!ありがたい!
自分の洗顔料や石けん、ボディソープで落とせるので、楽ですね。

自分は気楽なものが好きなんですね、どうも。

SPF28やSPF35もあり

SPF50が苦手な場合は、SPF35や、子ども用のSPF28もあります。

SPFとは、Sun Protection Factor(太陽防御指数)の略。
この数値が高いほど肌への炎症を遅らせられますが、肌への負担も高くなるとされています。

「SPF50はちょっと…」という場合でも、他の選択肢があるのはありがたいです。

映画エキストラで効果を実感。なお塗らなかった首は焼けた。

日焼け止めを探している人
日焼け止めを探している人
で、実際に日焼け止めの効果はあるの?
さわ子
さわ子
それがね、あったんですよ。

先日、仮面ライダーのエキストラに行きまして、「約8時間、屋根のない屋外で過ごす」という体験をしました。

好きな仮面ライダー世界の一員になれるのが楽しく、とても良い経験でした!


それはそれとして、風薫る晴天の中、太陽光に焼かれ続けたわけですね。

その結果、

「忘れずに日焼け止めを塗った顔はそこまで焼けなかったが、塗らなかった首元が真っ赤に焼ける」

という事態になりました。何やってんだ。

なんせ、日焼け止めを塗りたくない村の住人である私。

「首に日焼け止めを塗る」という概念がそもそもなかったのでした。
完。

さわ子
さわ子
でも、ニベアサン ウォータージェルがちゃんと効果があると身をもって知れたから、これからしっかり塗ろうと心に決めました! 

まあ、意図せずしてブログに書けるネタが増えたから、結果オーライかもしれませんが!

そうか?

ニベアサン ウォータージェルを使う上での注意ポイント


使いやすい日焼け止めですが、気をつけたいこともあります。

ウォータープルーフではない

ウォータープルーフとは、英語で「防水」のことですね。
要するに、「水に濡れてもダメにならない」ということです。

この日焼け止めは「ウォーター」と名前がつくので勘違いしそうですが、ウォータープルーフ効果はないです。

プールや海水浴で使いたい場合は、防水効果の高い日焼け止めを選びましょう。

効果キープには塗り直しが必要

一般的な目安は、2〜3時間に一度だそうですが。

「いやムリだよ」という場合は、自分のできるタイミングでいいと思います。
丸一日ずっと屋外にいるわけじゃないのなら、外に出るタイミングで塗るとか。

肌に合わない場合は使わない

肌に異常が出た場合は、使うのをやめましょう。
いくらつけ心地が良くても、やっぱり人の体質ってそれぞれ違うので。

心配なときは、SPF28から試すのもいいですね。

【閑話】日焼け止め嫌いの私を変えた「千本桜」

私、日焼け止め塗るの苦手なんですよね。最初にも書きましたけど。

さわ子
さわ子
そもそも肌に何かつけるの、好きじゃないんですよ。肌荒れしそうだし。

そんな感じで、日焼け止めを塗らずに生活していた私。

そんな中、今年の4月に、父と吉野の千本桜を見に行くことになりまして。
例に漏れず、日焼け止めを塗らずに行ったんですよ。


スゴイぞー!

千本桜はめちゃくちゃ綺麗で感動でした!
で、旅行から帰ってきたところ、顔中が日焼けで赤くなり、カサカサになりました。

「あ、これ日焼け止め塗ったほうがいいな」
と、そこでようやく私は悟ったのでした。

しぶしぶ重い腰をあげ、いろいろ比べた結果、選んだのが「ニベアサン ウォータージェル SPF50」だったというわけです。

真夏を前に、ちゃんと日焼け止めをゲットできて良かったと思います。

まとめ:ニベアサン ウォータージェルで焼けない日々を過ごそう!

ニベアサン ウォータージェルは値段も手頃で、匂いもなくベタつかないので、日焼け止めが苦手な人にもおすすめです!
迷ったら、試してみてくださいね。


「足首に日焼け止めを塗る」という概念がそもそもなかっ(略)

それでは!