話をしよう。
ライティング

【無料】WEBライターにおすすめ!コピペチェックツール「CopyContentDetector」

こんにちは!さわ子です。

ライターさん
ライターさん
ライティングのコピペチェックをどうやってすればいいのかわからない…。

そんな方向けに、私が使っているコピペチェックツールを紹介します。

CopyContentDetectorは無料のコピペチェックツール!

CopyContentDetectorは、私がお世話になっているコピペチェックツールです。

インターネット上で公開されている文章と照らし合わせて、コピペかどうかをチェックできます。

無料プランでも十分すぎるほど便利です。4000字まで解析できます
また、有料プランにすれば8000字までチェックできるほか、使える機能がさらに充実します。

私も初稿チェックなどに使い始めて、はや1年以上経ちます。
運営元の株式会社ウェブサークルさん、本当にいつもありがとうございます。感謝。

CopyContentDetectorの使い方。文章を貼り付けるだけ

使い方はとっても簡単。ユーザ登録も不要です。
以下の4ステップだけで、サクッとチェックできますよ。

①「調査対象テキスト」ボックスの中に文章を貼り付ける

②必要に応じて検索条件を選ぶ

③「チェックする」ボタンを押す

④タブに「完了」の表示が出たら、ブラウザを再読み込みする

以上!
↓図も載せておきますね。

①「調査対象テキスト」ボックスの中に文章を貼り付ける

②必要に応じて検索条件を選ぶ

③「チェックする」ボタンを押す

④タブに「完了」の表示が出たら、ブラウザを再読み込みする

以上です。

文字数が多いほど、チェックに時間がかかります。
疲れた目を休めるなどしながら、しばし待ちましょう。目薬のロートデジアイ差すとか。

あわせて読みたい
【おすすめ】目薬ロートデジアイを紹介。長時間のPCやスマホ利用にこんにちは!さわ子です。 パソコン作業してると、目がめちゃくちゃ疲れませんか…? 私は毎日パソコンやスマホと何時間もにらめっこし...

早く確認したいときは、「クロールチェックの省略」にチェックを入れると、スピードが早くなる場合があります。

これですね。

判定は「良好」「要注意」「コピーの疑い」の3種類

チェックが終わったら、画面を下にスクロールしましょう。

このような「コピペチェック結果一覧」が登場します。
ご覧のとおり、システムが

  • 類似度(ネット上の文章とどれくらい似ているか?)
  • 一致率(ネット上の文字列とどれだけ一致しているか?)
  • テキスト類似度(今までCCDでチェックした文章とどれくらい似ているか?)

という、3つの観点から、文章を判定してくれます。
なお、結果は

  • 良好
  • 要注意
  • コピーの疑い

の3種類です。
画面の右側にある「詳細表示」を押すと、さらに詳しい分析結果を見られますよ。

これですね。

基本的に「良好」ならOK!

基本的に、コピペチェックの結果が「良好」であれば問題なしです。お疲れさまでした。

一方、割合が50%を越えると、「要注意」「コピー疑い」判定になってしまいます。

すなわち

CCD
CCD
これコピペじゃないの???


と言われてしまうわけです。

こうなった場合、文章を修正する必要があります。

「要注意」「コピー疑い」になったときの解決方法


コピペに気をつけたつもりでも、50%を超えてしまったらどうしたらいいのか?
主な解決方法は、以下の2つです。

  • 疑いがある箇所を削除する
  • 表現を変える

以下で具体的に解説します。

疑いがある箇所を削除する

一番手っ取り早い方法です。疑わしきは罰する。

「詳細表示」を押すと、分析結果の詳細ページが見られます。

「類似度判定詳細タブ」が表示されているはずなので、スクロールしてください。
コピペ疑いがある部分に「赤」「黄色」「青」の色がついています。


見方としては、

赤:完全一致!コピーとみなすぞ!
黄色:一部一致。コピーかもしれない?
青:一部一致。コピーじゃなさそうだけど。

となります。

色付き箇所の「▼」を押すと、ウェブサイトにある文字列を表示してくれます。

こんな感じです。
また、「検索する」を押せば、Googleで該当文字列を検索できますよ。

主に「赤」「黄色」の箇所を目視チェックして、文章全体の意味が崩れないのであれば、削除しましょう。
だいたいは、これで解決できます。

表現を変える

「大事なポイントなので削除できない」という場合は、文章表現を変えてみましょう。

テーマが同じ文章であれば、どうしても要素が被ってしまうことはあり得ます。
そんなときは、「意味が同じ言葉で言い換える」ことを試してください。
たとえば、

  • 類似表現をWeblio類語辞典で探す
  • 熟語はやさしい言葉で言い換える
  • 英語やカタカナ語は日本語に訳す

などです。
補強として、具体例を増やすのもおすすめです。

なお、単純な言葉の入れ替えは意味がないと考えたほうがいいです。
たとえば、

5月なのに朝からクーラーをつけてしまった。

5月なのにクーラーを朝からつけてしまった。

みたいなパターンですね。経験則ですが、ほとんど判定は変わりません。

CopyContentDetectorで注意するポイント


便利なコピペチェックツールですが、注意点もあります。

チェックできるのはWEB上の文章だけ

調べられるのは、WEB上で公開されている文章だけです。
紙の本や資料などはチェックできません。

当たり前ですが、紙媒体の中身を引用の範囲を超えて丸々コピー、なんてダメですよ。

チェックできる文字数に制限がある

無料プランでは4000字、有料プランでも8000字が限界です。

空白や改行、URLなども文字数にカウントされます。
文字数をオーバーするときは、これらを削除してみてください。

文章を複数回に分けてチェックするという方法もありますが、1回で全文チェックするのに比べて結果は変わると考えましょう。
もちろん、コピペ疑いのある箇所を見つける参考にはなります。引っかかる部分は積極的に直していきましょう。

まとめ:CCDは無料で使える便利なコピペチェックツール

ライティングをする上で、コピペ(コピー&ペースト)には気をつけなければなりません。
著作権の問題につながりますし、信用も無くなってしまいます。

コピペかどうかを確かめたい場合は、チェックツールを活用しましょう。
無料のCopyContentDetectorは手軽で使いやすいので、WEBライターにおすすめです。
原稿を書き終えたら、ぜひ使ってみてくださいね。

それでは!