さわコラム。
絵本・児童書

【書評】絵本『はらぺこあおむし』は超名作。世界的ベストセラーの名は伊達じゃない!

こんにちは!さわこです。

今回は、1人の絵本ファンとして、ぜひ紹介したい作品があります!
それがこちら。

『はらぺこあおむし作:エリック・カール 訳:もりひさし/偕成社)

日本でもかなり有名な作品ですね。

約50年前に出版されてから、世界50か国で翻訳。
今でも絶大な人気を誇る、超ロングセラーかつ大ベストセラー絵本です!

グッズやアニメ、カフェなども展開されているので、絵本を読んだことがない方でもご存知かもしれませんね。

今回は、こちらの作品について書かせていただきます!

絵本『はらぺこあおむし』のあらすじ

日曜日の朝に生まれたあおむしは、お腹がぺっこぺこ。
さっそく食べるものを探しにでかけます。

おいしそうな食べ物を見つけ、どんどん食べていったあおむしは、最後には…。

「昆虫の変態」をユニークにとらえ、カラフルポップに描いた作品です。

絵本『はらぺこあおむし』の見どころ

では、この作品の見どころポイントをご紹介していきますね!

色鮮やかなイラストで元気になれる!

この絵本の魅力は、元気いっぱいのカラフルさ!
ページを開くたびに、綺麗なイラストが目に飛びこんできます。

りんごにすもも、いちごにオレンジ、チョコレートケーキにアイスクリームにサラミにさくらんぼパイなどなどなど…。はわわ。

食べ物のイラストもとってもおいしそうすぎて、思わずこっちまではらぺこに…。

主人公のあおむしがとってもかわいい!

主人公のちっちゃなあおむしが、もうめちゃくちゃキュートなんです!

小さな体で、いっぱい動いて、いろんなものを食べていく姿が本当にかわいい。

ついつい食べ過ぎて、おなかが痛くて泣いちゃうところなんて、思わず手を差し伸べてあげたくなっちゃいます〜。

ページのシンプルな仕掛けが面白い!

この作品は、なんと仕掛け絵本。
大きさが違うページや空いた穴など、あおむしが食べた跡をたどれるようになっているんです。

単純だけど、ちょっと楽しい気分になれますよ。小さい子でも、触ったり覗いたりして遊べそうですね!

作者は「絵本の魔術師」ことエリック・カール

『はらぺこあおむし』の作者は、アメリカの絵本作家エリック・カール氏
色を塗った紙を貼って絵を作る、コラージュの作家さんです。

「絵本の魔術師」と呼ばれ、長年に渡ってたくさんの作品を世に送り出しています。

はらぺこあおむし以外にも、いろんな虫の絵本を出しているんですよ。
虫がお好きなんですね〜。

はらぺこあおむしが孤独のグルメを続ける理由


実は、ただの食いしん坊に見えるあおむしがごはんを食べ続けるのには、ちゃんと理由があるんですよね。

それが最後のページでわかるんですが、そこに至るまでがカラフルなイラストや仕掛けに彩られ、本当にワクワクできるんです。

いろいろなものを食べてきたあおむしが、一番最後に味わったものは…。

結局のところ、自分にとって大事なものって、案外すぐそばにあったりするのかもしれません。

はらぺこあおむしの歌があるよ

なんと、はらぺこあおむしの歌があるんです。
作曲と歌は、シンガーソングライターの新沢としひこさん

youtubeでも、この歌を保育園で歌っている様子や、劇にした動画などがあり、いかに子どもたちに親しまれているのがわかります。

絵本の世界がそのまま音楽になった、素敵な絵本ソング。

音楽CD付きの絵本もあるので、お子さんとはらぺこあおむしの2つの世界を一度に楽しむのもおすすめですよ。

まとめ:見てよし!遊んでよし!歌ってよし!のカラフル絵本

絵本『はらぺこあおむし』は、世代を超えて親しまれてきたロングセラーの名作です。

多くの人々に愛されて、読み継がれてきた絵本には、時代を超える魅力があります。皆さんも、ぜひかわいいあおむしのグルメ旅に癒されてくださいね!

ではまた!