さわコラム。
生き方

【やりたいことがわからない人へ】「やりたくないことリスト」を書くのもおすすめ

こんにちは!さわこです。

以前、「やりたいことリスト100」についてご紹介しました。

自分のやりたいことがわからない人は「やりたいことリスト100」を書くといいよ

自分のやりたいことがわからない方は、これを書くと自分の本心がわかって前向きになれるよ、という話でしたね。

しかし、やっぱり

「それでもやりたいことなんか思いつかないんだよ!!」

という方もいるんじゃないかな、と思います。

そういう方におすすめなのが、「やりたくないことリスト」です。

やりたくないことリストって何?

その名のとおり、自分のやりたくないことをひたすら書き出したものです。
私、特に100個という制限を設けず、思いつくままに書きました。

実は私、「やりたいことリスト」の前に作ったのがこっちだったんですよね。

というのも、

「やりたくないことをひっくり返せば、それはすなわち、やりたいことなんじゃないかな?」

と思ったからです。
また、

  • イヤなこと
  • キライなこと

のほうが思いつきやすかった、というのもあります。

仕事に病みきってたせいかな…。
人間は生存本能的にネガティブ思考な生き物らしいですが、そういうのが関係しているのかもしれませんね。

やりたくないことリストの書き方は簡単!

リストの書き方は、「やりたいことリスト100」よりも簡単です。
以下の2ステップだけ!

①紙とペン、スマホなど「書けるもの」を用意
②思いつくままに書く

以上!
以下、それぞれ詳しく説明しますね。

必要なのは、紙やパソコンなど、文章を書けるものだけ!

基本的に書くだけなので、道具はなんでもいいです。
たとえば、

  • ペンと紙で手書き。
  • パソコンでWord、グーグルドキュメント、Evernoteなどに打ち込む。
  • スマホのアプリに入力。

などですね。

書き出す数に制限なし!思いつくままに書こう!

こちらのリストには、「100個」のような制限はありません。
思いつくままに書き出しちゃってOKです。

私のやりたくないことリスト

以下は、実際に私が作ったリストです。参考にどうぞ!

1. 満員電車に乗る

2. 貧乏な生活

3. 病気になる

4. 怪我をする

5. 家族をないがしろにする

6. 友人をないがしろにする

7. お化け屋敷に入る

8. 心霊スポットに行く

9. 必要以上に周りに合わせる

10. 自分の意見を言えない

11. やりたいことを我慢する

12. 言いたいことを言えない

13. 理不尽な命令に従う

14. 借金まみれになる

15. 約束を破る

16. 老害になる

17. コンビニ弁当やファーストフードばっかり食べる

18. 絶叫マシンに乗る

19. おしゃれを忘れる

20. 愚痴ばかりの飲み会

21. 人混みへ行く(コミケは別)

22. 暑すぎる場所で過ごす

23. 寒すぎる場所で過ごす

24. 暴君になる

25. 感謝の気持ちをなくす

26. タバコ

27. 薬物

28. 二日酔い

29. ホラー作品を見る

30. チャレンジしない人生

31. 大雨の日に外出

32. 交通事故に会う

33. 意味のない会議に参加する

34. 他人に頭ごなしに否定される

35. 他人に依存する&される

36. 酔っ払いに絡まれる

37. 渋滞に巻き込まれる

38. 他人に自分の時間を無駄にされる

39. 投資にも消費にもならないお金の使い方をする

40. 他者を貶める

41. 他人に舐められる

42. メンタルが壊れる

43. 大事な服を汚す

44. 徹夜

45. 睡眠不足

46. おいしいものが食べられない

47. いじめ

48. 他人の顔色をうかがう

49. チャレンジしなくなる

50. 自分の生きたい人生を生きられない

現時点ではこれくらい。今後も増えるかもしれません。

「やりたくないこと」の向こうに理想の人生が見える!

このリストを書いたときに思ったのは、

ああ、自分はとにかく
「他者にコントロールされること」
が嫌いなんだなと。

うすうす気づいてはいましたが、文章として可視化することで、より自己理解が深まった気がします。

さらに気づいたのは、

「今後、自分のやりたくないことを避けていけば、理想の人生になるんじゃないか?」

ということです。
今後は、このリストを自分の人生の羅針盤として使っていきたいと考えています。

「やりたくないこと」を見つめれば、「自分がやりたいこと」「自分が望むこと」が見えてきます。

自分のやりたいことがわからない方は、ぜひこの「自分のやりたくないことリスト」も試してみてください。
積もり積もったネガティブの中に、何か大切なものが隠れているかもしれませんよ。

ではまた!